teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 偽物ブランド(0)
  2. ブランド偽物_ブランドスーパーコピー激安市場(0)
  3. 偽物エルメスバッグコピー(0)
  4. 国際ブランドコピー_ブランド偽物(0)
  5. 激安市場<<44bag偽物店>>(0)
  6. 激安市場<<44bag偽物店>>(0)
  7. 偽物時計bag26.com(0)
  8. ■ブランド偽物ブランド激安市場bag53(0)
スレッド一覧(全8)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


ナローブームです

 投稿者:マユ35  投稿日:2017年 4月27日(木)09時34分37秒
返信・引用
  裏克弥塾生様、alfaromeo164様、とれいん編集部では連休明けから撮影に入ると連絡がありました。
3月頃から原稿の下書きを送り枠取りの手配をしていたので、早くて6月号の掲載になると思います。

さて、近所の人も1/35・16.5ミリの特殊狭軌線車輌を、プラ板から製作されています。
車体隅に溝を設けて、分解可能となっています。

なお、使い道に悩んでいる零番の機関車用27ミリ径車輪を、例によって真鍮パイプで延長して、1/17・45ミリも浮上してきました。
 
 

一歩づつ。

 投稿者:alfaromeo164  投稿日:2017年 4月23日(日)20時19分15秒
返信・引用 編集済
  前回の続きで、オロ35の屋根の再塗装等を行い旧型客車の外装修復は一段落しました。帯は元の青から薄緑色に変更(シール)しました。今後は室内灯付けようか?と迷ってます。以後、連休に向けて安芸修復一本に絞れます。

裏克弥塾生様、スハ44進んでますね。車体も床下も拝見すると、結構部品を追加されておられ、部品代も油断出来ないなと思ってしまいました。我が家もカツミの椅子を買い足す必要があるのですが、急行用の椅子が150円から300円ですから、何と無く損した気分になって困ります。

マユ35様、大きさのなせる技でしょうか。ゆったり感と独特のバランスが良い感じですね。観音開きの蝶番や取手等を拝見すると、何故かホッとします。
 

床下器具取り付け

 投稿者:裏克弥塾生  投稿日:2017年 4月23日(日)02時13分26秒
返信・引用 編集済
   今日はスハ44キットの床下器具の製作と取り付けを行いました。ロコモデルのキット用には車体補強の角材を車体裾面一にしたため床板の幅が27㎜と狭いため、当初予定していたユニット式のものが使えないのでやむを得ず市販パーツと自作のパーツを組み合わせてそれらしくまとめました。ペーパー製なので軽すぎるので増量という意味で、水タンクとエアータンクはエコーモデル製を採用しましたが、やはりディテール表現が繊細なので、自作器具をあまり簡略化するとバランスが悪くなるので、自作パーツもちょっと手を加えましたが自身そこまで求めてはいないので、次回以降、「いにしえ」のパーツをどこからか探してきて使いたいな、と思っています。
 また、最初に購入したナカセイのキット、スハ43の下回りが残っていて、これはスクラッチで車体を作るもう一両のスハ44に使うつもりでいるのですが、試しにプラ製台車TR47の軸穴にカツミ製の軸受メタルを入れるべく加工をしたところ、メタルが深いためか、軸の長いカワイモデル製のピボット車輪が適用となりましたが、恐るべき転がり性能を持つに至りました。集電用のシューを当てることによって摩擦が生じるのでできるだけロスを減らしたいという思いで加工したのですがこれだけ転がりが良いと、集電はやめにしようか、と思ってしまいました(笑)。ほんとうは「80分の1丁目」さんの記事にありましたように、メタル本体に燐青銅線なり真鍮線を半田付けしてそこから集電すればよいとも思いましたが、台車の構造上、けっこう面倒くさいことになりそうだったので見送ってしまいました。

 マユ35様、完成した車両を拝見して、なるほど、手摺の径など、大スケールならではの注意点があることが分かりました。キマっていますね。フィギュアの乗車も非常に効果的だと想像します。そして客車。デザインの完成度、可愛らしさとも日本に実在した軽便車両に勝り夢を感じました。ほとんどの方は森林鉄道を実見していないと考えられますので寧ろこのようなデザインのほうがファンを含め多くの方々に受け入れやすい易いのではないでしょうか。
 

ファンを仕込んでいますが

 投稿者:マユ35  投稿日:2017年 4月20日(木)09時24分56秒
返信・引用
  エコーのLシステムに直結して、試運転ではファンが回転したのですが、2回目の動作確認では何故か動かなかったです。
どうも電気回路は苦手なので、今後の課題となりそうです。

機関車と客車は、昨日に「とれいん」編集部に送りました。
 

何とかアップします

 投稿者:マユ35  投稿日:2017年 4月19日(水)10時00分34秒
返信・引用
  裏克弥塾生様、トップページが開けないトラブルとなり、ネットライフが楽しめないととボロPCを恨みましたが、幸いディスクトップ上に直リンアイコンがあったので、ここから入りました。

携帯写メでの撮影ですが、特殊狭軌線の全容を紹介致します。
 

なるほど

 投稿者:裏克弥塾生  投稿日:2017年 4月19日(水)00時41分30秒
返信・引用
  alfaromeo164様、たしかにそちらの103系のケースと似ているように思います。私の場合も塗料も塗装工程も同様に行った筈の二つの車体で異なる結果となったので、原因として、乾燥と天候(温度、湿度など)が関係しているように思うのです。塗装後一週間くらいは異常がなかったと思いますが、よく観察していたわけではないので確信はないです。エアコンなし、普段出入りしない物置にしている部屋のガラスの引き戸のあるケースの中にほかの車両と一緒に並べておいたのですが・・・。もちろんその程度のことで他の車両の塗装も含め痛むはずもなく、やはり乾燥の過程で何らかの影響があったのだと思います。
 なまじ嵌め込み窓にしたため、分解再塗装は困難なのと、新たに試してみたい工法も頭の中に浮かんでいるので、他の車両の完成後三度目のチャレンジする予定です。おおざっぱに云うと、より切り抜き易い紙を使い、屋根の構造もすっきりと、模型飛行機のようなリブはやめて「シンプルかつスマート」に作る試み、です。もちろん固定窓のあたりがネックになると思うのですが。

 マユ35さまの特殊狭軌線機関車&客車の記事、楽しみです。PC上にアップできなかったとのことですが、紙媒体に掲載されればまた違った雰囲気、魅力が発揮されるのでは、と思います。ナローといえばHOスケールのレイアウトセクションの秀作が誌上を賑わせていますが、大スケールの車両模型となりますと、レーマンやそのレールシステムに対応したバックマンの製品群が主でそれらは完成品なのでモデラーの方々の関心事は主にそれを走らせるレイアウト(庭園)に注がれ、車両のほうはせいぜいイメージに合わせた小改造に留まるのが現状だと思います。マユ35様の作品によってファンン方々が刺激を受け、後続が生まれ発展していく・・・可愛らしいスタイルにはそういう可能性が秘められていると思います。
 

今週に発送します

 投稿者:マユ35  投稿日:2017年 4月17日(月)18時48分18秒
返信・引用
  先週、とれいん編集部の人と話し、特殊狭軌線機関車と客車を今週に送ることになりました。
ワードで書いた原稿は既に飛ばしているので、早ければ6月号に掲載の方向です。
 

フジモデルへ。

 投稿者:alfaromeo164  投稿日:2017年 4月17日(月)18時13分17秒
返信・引用
  昨日、総裁殿にご一緒いただき行って来ました。リニューアルの話をし例の窓サッシの分売をお願いして来ました。まだ何とも言えませんが、在庫の確認はして下さるとの事でした。全部は無いかも知れないが少しは有るかもと仰っておられたので、少しでも有れば助かると話しをしました。他にもセンターボルスター等、必要な部品が有るので、現車両の分解作業を開始してから、必要部品とサイズを決め注文する事を打ち合わせしました。取り敢えず一歩前進しました。

裏克弥塾生様、オシ17の塗装の件ですが、以前我が家の103系で起こった現象と似た感じ何でしょうか?。結局は原因不明のまま再塗装となった訳でしたが、ひび割れは数週間の時間を経て進んだと思われ、サフェーサーや塗料が原因なのか、塗装後の室温や湿気乾燥が関与したのか何とも腑に落ちない感じです。建築の塗装の場合ですが、下地パテが急速に乾燥した場合にひび割れが起こります。又、塗った後に結露が起きた場合も原因となります。時期的には寒くて空気が乾燥して車体が冷たくなり、作業時間は暖かくの繰り返しにで、車体の膨張と収縮に塗料が追随出来ず、ひび割れを発症したのではと思われます。残念ですが再塗装になっちゃいますね。
この際8両同時に塗装は如何でしょうか??。ゴールデンウィークは我が家も塗装頑張ります。

 

スハ44(ロコモデルキット)上回り組み立て完了

 投稿者:裏克弥塾生  投稿日:2017年 4月16日(日)22時26分47秒
返信・引用 編集済
   alfaromeo164様、再開後のダッシュに成功なさり、さらに加速!の予感、さすがです。急行「安芸」のフル編成と並行して一般客車による急行編成も新たに一編成増え、急増備を果たした機関車群にふさわしい威容の客車区の誕生も間近ですね!安芸がブースター2両ということになりますと、これまで模型誌の記事でも観たことの無い重量編成となりますが、経験豊かなalfaromeo164様ゆえ期待しております。

 それに引きかえ私の「ゲリラ工作」戦術は効率が悪くなかなか捗りませんが、やっと上回りの組み立てを終えました。その間、パーツの不足に見舞われ、仕事帰りに池袋のイモンさんへ「狭くてこわいエレベーター」に乗って行き(笑)、票差しや床下器具(水タンク、エアータンク)を購入して来ました。夜遅くまで開店してくださっているのはありがたいです。しかも帰り道。

 今回はキットに入っているパーツのうち、ドア、雨樋、ベンチレーターは金属製パーツにしたわけですが、あまり市販パーツに頼るのも如何なものか、という思いがあります。それはかつてキットを購入した際に、充実を極めていた各社のディテールアップを主としたパーツ群を購入するという行為、いつの間にかそれが模型店へ行く目的となってしまっていたのではないか、結局、キットの値段<別売りパーツの値段となったりして。まぁ、エコーモデルさんなどはその流れに乗って急成長を果たしたわけですから、一概に良し悪しを語ることはできません。ただ、できるだけ自作の割合を増やして、節約をしつつ、工作を楽しむ、というここ数年のポリシーに鑑み、もう少し頑張らなくては、と反省しています。
 さて、先日、オシ17の塗装面のトラブルをご報告しましたが、その後、それまでの窓周り以外にも腰板部分に細かいヒビが発生してしまい、まるで廃車寸前のような状態。実物は青大将塗色からブルーにお色直しをしたばかりなので、ありえないわけです。これが青15号単色であれば晩年の姿として「リアル」なのですが(笑)。因みに最初に作った車体は異常なし。編成が出来上がった段階で再塗装をするつもりでいますが、窓を嵌め込んだりしたので、いっそ作り直そうかと思っています。あとスハ44の一両はエコーさんのベンチレーター、もう一両はナカセイさんのプラ製を使いました。理由はエコーさんの数が不足していたためですが、他にもナカセイ、MODEMO製キットが連なるのでよし、としました。エコーさんの製品に較べますとやはり厚みがあるのでほんとうはもう少し薄く削って仕上げたいところです。妻面のディテールは省略したいのですが、縦樋は付けるのが標準となっていますので付けました。因みに漏斗の表現のためにその上から貼り足しましたがその材料は、エコーさんのパーツ袋のオレンジ色の台紙です。
 

天気は良いけど風が吹いてて!。

 投稿者:alfaromeo164  投稿日:2017年 4月15日(土)13時48分21秒
返信・引用
  前回のスロシに続いて今日はマロネロ。気になる屋根のオデコ凸凹にパテ盛りしておき、整形し軽くスエードスプレーしトツブを塗りました。車体は筆でタッチアップのみで終了しました。

例の安芸編成の修復は、ゴールデンウィークにする計画と準備を進めてます。幽霊用に不足している動力部品を安く調達しないとね~!。10両だと2両は幽霊化しないとキツイ。軽量客車なのに軽く無いんですね。
 

レンタル掲示板
/141