teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 偽物ブランド(0)
  2. ブランド偽物_ブランドスーパーコピー激安市場(0)
  3. 偽物エルメスバッグコピー(0)
  4. 国際ブランドコピー_ブランド偽物(0)
  5. 激安市場<<44bag偽物店>>(0)
  6. 激安市場<<44bag偽物店>>(0)
  7. 偽物時計bag26.com(0)
  8. ■ブランド偽物ブランド激安市場bag53(0)
スレッド一覧(全8)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


漸く仕入れました

 投稿者:マユ35  投稿日:2017年 6月21日(水)09時28分13秒
返信・引用
  一昨年、23年間使っていたコンプレッサーの圧力が上がらなくなり、応急的にクレオスのプラモ用で代用していました。
今回、モノタロウでエアテックス製品を仕入れました。
気圧も3.8キロあり、旧来より余裕があります。

なお、エアタンクは以前のコンプレッサーから動力部分を取り去り、これを活用することにしました。
2年ぶりにスプレーガンによる吹き付けが可能になり、劣悪な塗装環境から解放されます。
 
 

機関車はやっぱり牽引して欲しい!。

 投稿者:alfaromeo164  投稿日:2017年 6月20日(火)13時22分19秒
返信・引用
  裏克弥塾生様、ゴムタイヤを選択したメーカーさん。走らせる事は重要と当時は考え、又、モデラーも走らせる為の努力をされ、走ってなんぼの時代だったんですね。
先人諸氏の作品が我が家に移籍して来る度、走らせる為の努力の跡が沢山見受けられます。殆んどはウエイトの増し積みですが、マァこんなところ迄良く入れたと感心する作品も多々見られました。最近の高価な完成品をこの様に扱う勇気のある方はまず居ませんよね。でも貨幣価値に換算すると、当時でも結構な価格と思うんですが、走らせる為に分解して「俺のは一味違うぜ??。」と皆さんが競った時代。楽しかったでしょうね。

さて、取り敢えずの浮気のレストアもやっと一段落しましたね。いろいろ練習になりましたので、本命に本格的に取り組む事にします。その一貫として牽引機に抜擢ふるつもりで、超ジャンクのC62を再生したのですが、空転して一歩も進まないと言う情け無い結果となってしまい困りました。NOも46から15に変更し夢は膨らんだんですがね~??。元がダイヤモンドなのでテンダーは試作時の上が平のタイプですが、高速で走らせれば誤魔化せると、いつもの通りの高~~い妥協点で人の目を欺く作戦の遂行でした。結局は8連に幽霊を入れて9連の先頭に立って、それは素晴らしい走りを見せてくれましたよ?。無理矢理かぁー?。黙っていれば分からないから大丈夫ですからね。

オシ17再制作ですか。窓廻りとか複雑な構造を採用されてるので、気力との勝負になりますね。

 

運転についてのプチ考察

 投稿者:裏克弥塾生  投稿日:2017年 6月19日(月)20時50分47秒
返信・引用 編集済
   alfaromeo164様、試運転の成功、おめでとうございます。8連ですとやはり重いのですね。スリムなボイラーのC57が最強というのはさすがゴムタイヤの威力ですね。そしてC59、さすが走りに於いて絶対的な評価を受けてきた名機だけのことはありますね。
 ゴムタイヤが流行ったのは80年頃だと思いますが、精密化が進む中に於いてもまだまだ運転に重きが置かれていた時代であったことが窺われます。「トミーHOスケール」のEF58も片側台車のみ軌道モーターが搭載されていましたが、ゴムタイヤ使用であったため、牽引力は充分でした。なまじ2個モーター仕様にしてモーターの協調に苦労し、さらにウエイトもずっしり積まなければ粘着が得られない従来方式よりも模型として合理的なのだと思います。
 今は走行性能については折り紙つきのプラ製品が運転が運転の中心になり、高級ブラス製品は鑑賞用、キット組立機は組み上げるまでにエネルギーをほぼ使い切ってしまい、直線を無難に行ったり来たりできればそれでよし、というのが多くのモデラーの皆さんの現状だと認識していますが、alfaromeo164様のようにきっちり走りまで仕上げてくださるモデラーの方が多ければ、メーカーさんも下回りについてより合理的な設計をしてくれていたのでは、と思います。
 

ちゃんと走るかな??。

 投稿者:alfaromeo164  投稿日:2017年 6月19日(月)15時20分13秒
返信・引用 編集済
  日課の様な感じになりつつあるジャンクの再生。果たしてちゃんと走るのか??、今回の10系8両の走行テストを兼ねてエンドレス1周組ました。車輪に注油して滑らかにし、8両線路に。手で押してみると流石に重いです。まずは再生したばかりのC62(ダイヤモンド)空転してしまい牽引出来ません。これでは客車の走行テストにならないので、我が家の力持ちのC57(宮澤)と交代。ハイ??バッチリと走り出しました(流石のゴムタイヤ仕様)肝心の客車ですが問題無く走りました。ただKDの首振りの調整が必要な車両は有りました。実際に走らせて見ると不具合箇所
を発見出来るので、たまにはエンドレスでのテストは必要ですね。因みにC58(宮沢ゴムタイヤ)車体軽くて小さいのにバッチリ走行しました。さて我らがC5941一番安定した走りを見せてくれました。不思議なのはカトーの線路、給電1ヶ所で反対側に行くと電圧降下で減速するんですが、C5941のみスピードに変化がありませんでした。全てパワーパックの電圧計で10V走行として同一条件です。
客車のテストのつもりが牽引テストの様になってしまいましたが、実際に客車を引っぱる事を考えると動輪の空転止めのゴムタイヤも一つの方法と思いました。幽霊との併用も含め総合的に考えたいと思います。勾配対策なので??。
 

今日の珍事

 投稿者:裏克弥塾生  投稿日:2017年 6月16日(金)22時57分21秒
返信・引用
   今日は仕事の後、オシ17の製作にかかりました。塗装まで持って行った2両とは別に切抜き途中で中止したものが3両以上ありますから一体何度目の正直、になるのだろう・・・(苦笑)。
 以前にも記しましたように、この車両は全ての窓のコーナーにRが付くので憂鬱になります。直線部分とコーナーの丸刀がスムースに繋がらず、必ずといっていいほどR部分が外に飛び出してしまう。いくらなんでも昔はこんなに下手ではなかったぞ、しかも現在私が使っている丸刀は沖野彫刻さんの「ツボ切り」なのですから。
 で、今回気付いたのは、紙の厚み、質に問題があるということです、押し切った際に「メクレ」が大きく出てしまうのです。こういった用紙では押し切る際の圧力に負けてしまうのです。直線部分も押し切りの平刀なら多少違うのかも知れませんが、直線をカッターナイフで切ると裏面に違いが出てしまいます。同じアート系でもいさみやさんの車体製作用方眼紙の0.4mm厚ですとそれほどでもないことが分かりました。今回の用紙も前回までと同じものですが、コーナーにエポキシパテを盛り、Rはドライバーの軸を押し付けて形成したので、何のためのツボ切りなのか分からなくなってしまいました(笑)。因みにRは1.25mmを使いました。
 さて帰宅しようと駅に入ると・・・東武東上線内で発生した事故の影響でダイヤが乱れていました。ホームの電光掲示に後発の電車と後発の電車が入れ替わっているという…。相互乗り入れは乗り換えなしに他線に入っていく便利さがありますが、それと引き換えにどこかでトラブルが発生すると、ほかのすべての線のダイヤが乱れてしまうリスクがあります。有楽町線のように、民鉄3社と副都心線が関わっている場合、ほぼ毎日のようにダイヤの乱れが発生しています。それでも便利さを望むのか?悩ましい問題だと思うのです。
 

今日のちょこっと??。

 投稿者:alfaromeo164  投稿日:2017年 6月13日(火)23時47分59秒
返信・引用
  オハネフの内装。プラ板で適当に作って見ました。取付が雑なので、台車のセンターのネジが一部当たって持ち上がってます。でもマァいいか??。とりあえず出来た事にしました。相変わらず詰めが甘いです。アハハ?。ちょこっと作業、やはり落ち着かないので本当は良く無いんですよね。  

週末は・・・

 投稿者:裏克弥塾生  投稿日:2017年 6月12日(月)23時45分18秒
返信・引用
   alfaromeo164様、美しく仕上がりましたね!これで堂々の急行編成がまた一つ組めそうですね。さて私は先週末、所用で郡山に行って参りました。初めての土地で何気なく高速バスを予約してしまいましたが、後で調べたら、在来線を乗り継いだ場合と所要時間がそれほど変わらないことが分かり「鉄」として失態を演じてしまいました(苦笑)。まぁ新宿駅の「バスタ」初体験はできました。常磐道に較べ、東北道はそれほど飛ばせないのかな、と思いましたが、そうではなくて明治通りを王子まで、また福島県は須賀川から高速道を出て一般道を走るので常磐道に較べ時間がかかると思われます。当日は渋滞のため、15分延着となりました。
 帰りはさすがに新幹線を、ということで「なすの」に乗車、E5系17両編成に初乗車しました。寄る年波、翌日は疲労で一日グダグダ過ごしてしまい、模型製作は休業となってしまいました。
 

それらしくなりました。

 投稿者:alfaromeo164  投稿日:2017年 6月11日(日)23時53分0秒
返信・引用
  10系軽量客車大分進展しました。塗装したてのオハネフ12以外は、内装の組込も終わり、雰囲気としては模型ならではの、バラエティに富んだ編成にはなった感じです。あとはもう少し手を入れて一段落となります。
オハネフ用の内装をバラしてオロハネに使ってしまったので、部品探しをするか自作するかを考え中です。
探すと無い場合が多いんですよね??
お手本が有るのでそれを見ながらプラ板で作る事になる可能性もありますが、どうしようかなーー??。
 

本日のちょこっと。

 投稿者:alfaromeo164  投稿日:2017年 6月 9日(金)00時09分42秒
返信・引用
  オロハネの内装、使用材料の選択に迷い、方針決定後に寝台の加工をしたとこで時間切れのとなり作業終了になりました。続きはまた明日~。  

楽しみ方の違いが??。

 投稿者:alfaromeo164  投稿日:2017年 6月 8日(木)15時40分49秒
返信・引用
  裏克弥塾生様、同一車両を全部を違う素材で作成??。プラ・ペーパーキット木屋根・スクラッチペーパールーフ、この選択は凄すぎます。同一の仕上げを目指され、諸課題を解決しながら、作業を推し進められておられる
ご様子を拝見し、当方の思考回路では今後の展開が読めません(推理小説の様に「犯人は一体誰?。」状態です。笑い!。)   ちょっと脱線、失礼しました。
でも、とても楽しみながら製作されておられる感じが伝わって来てますよ!。ワクワク??。
 

レンタル掲示板
/145