teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 偽物ブランド(0)
  2. ブランド偽物_ブランドスーパーコピー激安市場(0)
  3. 偽物エルメスバッグコピー(0)
  4. 国際ブランドコピー_ブランド偽物(0)
  5. 激安市場<<44bag偽物店>>(0)
  6. 激安市場<<44bag偽物店>>(0)
  7. 偽物時計bag26.com(0)
  8. ■ブランド偽物ブランド激安市場bag53(0)
スレッド一覧(全8)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


見えて来ましたね。

 投稿者:alfaromeo164  投稿日:2017年11月20日(月)13時30分43秒
返信・引用
  裏克弥塾生様、改造を拝見しました。この位置の支点であれば、ほぼ定位置となると思いますので、良いのではと思います。お使いのフレームが大きいので、ウエイトの位置は第2・第3動輪上にあっても充分な効果は得られておると思います。後は動力台車に掛かる重量により牽引力は変化すると思われますが、牽引両数に合わせて不足がある様でしたら適宜追加されればと思います。
片台車駆動の場合、車体を重くしても付随台車に負担が掛かるだけで、その結果死重となり牽引力を落とす原因にもなるので、今回採用された方法は効果が高いと思われます。
いつもの事とは言え、手間の掛かる作業を選択されるなぁと思つております。
 
 

インサイドギヤ改造

 投稿者:裏克弥塾生  投稿日:2017年11月19日(日)23時38分23秒
返信・引用
   17日にアップしたつもりが出来ていなかったので、あらためて投稿させていただきます。
お騒がせしましたが結局、第1動輪のウォームギヤを取り付けることとして改造をしました。ここですと、従来のセンターピンの位置に近いので急カーブの通過もオリジナル同様となることが期待できます。いっぽう、第2~3軸部分が比較的大きくスライドするので、今回のようにモーター本体をセンターピンとし、ウエイトの荷重をインサイドフレームに取り付けた「荷重受け」で受けて粘着を稼ごうとする機関車の場合、カーブでは外側に荷重受けが移動するため内側が相対的に下がってしまうことが懸念されます。取り敢えず610RのS字カーブには対応できそうなのですが、「下がった床板」と台車枕ばねの板バネを止めているピンのディテールに接触してしまう恐れがありましたので、前にも荷重受けを取り付けるなり対策を講じなくてはなりません。
 

模型社58完成。

 投稿者:alfaromeo164  投稿日:2017年11月18日(土)17時57分55秒
返信・引用
  ナンバープレートを付けて一段落。エアータンクの色を黒くと思いましたが、デッドストックの塗りキットでしたのでそのままとしました。
模型社の58も子供の頃買った物があったのですが、模型ブランクの時期に紛失した一台でしたので、今回は失くさない様にちゃんと管理しないと・・・です。
 

良い天気の休日がキター!。

 投稿者:alfaromeo164  投稿日:2017年11月12日(日)21時22分9秒
返信・引用 編集済
  戦前型客車用塗料、塗って見ました。先週のぶどう1号は、濃いめとは言えやっぱり茶色の域でした。今回は黒が強いコゲ茶色の感じで、違和感はかなり解消されました。とりあえずは合格として仕上げに進もうと思います。数日放って置くともう少し落ち着いた色に変化して行くと期してます。
客車塗装の乾燥待ちの間、鉄道模型社のEF58を完成させる事にしました。結局モーターはL3のまま、動かしているうちに馴染んだのか、少し安定してきたので、DVへの交換はやめてしまいました。窓セル付けて電装してボディをクリーニングし、ひとまず完成です。レタリングは良さそうな物を探して付けようと思います。
音は50年前頃のサウンドと思えば、(うるさくもあり、懐かしくもある。)手抜きの言い訳を自分にしてます。
 

結局・・・

 投稿者:裏克弥塾生  投稿日:2017年11月12日(日)01時23分11秒
返信・引用
   今日は外出をしたため、作業はしませんでしたが、やはり気になって今一度検討した結果、やはり第2動輪を駆動するように改造することにしました。せっかく直したのに、曲線通過に支障が出るようでは納得がいきませんし。ギヤを外す作業というのはあまり気乗りしませんが仕方ありません。alfaromeo164 様、私も鉄道模型社さんの連動ギヤを所有していますが、たしかにモーター台の付け根のところと車輪のクリアランスが厳しい部分がありました。昔の製品は完成品であっても絶縁が不十分な製品がたくさんありましたね。  

皆様のアイディア!。

 投稿者:alfaromeo164  投稿日:2017年11月11日(土)17時16分7秒
返信・引用
  裏克弥塾生様、多種多様な納め方が揃うと逆に迷ってしまいそうですね。どの様に纏められるのかと楽しみにしてます。
さて、先日の模型社の58。モーター取付の作業をしてみました。L3を二個入れて見たのですが、風切り音がブンブンと・・・なにせ古い古いL3ですから結果は今一つでした。老舗で分けて頂いた1/20のウオームにと思ったのですが、車軸側のギア径が小さくなりモーター台の位置を変えないと届かないので、元のギアを使う事に落ち着きました。いざ走らせるとギア比の関係で速度が遅くてチョット!?。モーターを回転数の高いDVに変更する事に決め、次回再セットする事にしました。後、さすが模型社?ショートするんですね。テスター片手にチェック又チェック、原因はモーター台のインサイドフレーム側の取付部でした。絶縁側の車輪が横動で触れてショートしてました。車輪が当たる部分に薄いプラ板を貼る事で解消出来ました。まぁ、一筋縄でいかない模型社製品を改めて実感する事になりました。
でも、コレが面白いと思ってしまうところは、正に重病の証しですかね。
 

アイデアの数々!

 投稿者:裏克弥塾生  投稿日:2017年11月11日(土)00時25分52秒
返信・引用 編集済
  alfaromeo164様、私の行き当たりばったりの工作によって生じた問題点に対して、都度、ご教示くださり恐縮しております。たしかに、センターピンを元に戻した場合、現状では、センターピン上にモーターを移動させなければ、カーブでの首振りのスペースが不足してしまいます。ご指摘のようにその際には、プラ製の床板の立ち上がり部分の切除も必要となりますし、そうなった時に剛性が不足することも考えられます。珊瑚さんの動力ユニットを用いた、永大さんのEF584号機では構造上、最初から真鍮製の床板を作りました。今回は片側駆動としたので元の床板を生かそうと思ったのですが今更ながらこの手のC-C動軸機関車の動力化の難しさを痛感した次第です。大きな縦型モーターの時代はまずモーターありき、で設計しなければならなかったことが「たのしい鉄道模型」誌のなかおゆたかさんのEF57の製作記事にありますし、珊瑚さんの初期のEF53に使われていた、両軸モーターも実際は車体一杯の大きさで、プラ車体ではその肉厚のため使うことができませんでした。そこで改めてプラ機関車の動力化について調べてみますとファンのみなさんはいろいろな方法を試みられていることに驚きました。いつも拝見させていただいているサイトでは、アリイさんのEF58のキット(永大→オオタキ→アリイと流れました)の動力化に際して、私と同じ、アキバ100円モーターを第1軸と第3軸にそれぞれ直接ウォーム駆動し、計4個のモーターで4軸駆動としています。走行動画もアップされていますが、なかなか好調です。また一昨日、KMCでもお世話になった、らじ店主様が、(首を振るスペースを稼ぐため)思い切って棒型モーターをインサイドギヤユニットに斜めに架装したら、というアイデアを提供してくださいました。凸型車体の動力伝導をするために、かつて、しなのマイクロさんが伊豆急行ED25に採用した方式を思い出しました。これなど、一筋縄ではいかない、鉄道模型社さんのキットにどっぷり浸かってこられた、店主様ならではの柔軟な発想と云えるのではないでしょうか?「手軽に動力化」という目論みでスタートした今回の工作ですが、ひょんなことからたくさんのアイデアとそれを通してモデラーの皆様の模型観にまで触れさせていただくことができました。ありがとうございました。これだから模型は楽しい!  

もう一つの案として。

 投稿者:alfaromeo164  投稿日:2017年11月 9日(木)13時18分16秒
返信・引用 編集済
  裏克弥塾生様、いろいろと試行錯誤をなされておろご様子が伝わって来ます。写真を拝見して思った事ですが、センターピンを元の位置に戻した時、モーターが側面に当たる事を防ぐ事が出来ればとの考えとして、床板を分割し、付随台車側は今のままとし、車体に取付る。動力台車側の床板はモーター部分を立上りを含め全て撤去する。これでモーターの横動の巾を稼ぎ、尚不足が有れば車体のモーターが当たる部分を削る。動力台車側の床板は独立して車体に取付る。床板にするか、ED14の様に受け梁のみにするかの選択も可能性がある。しかし車体の剛性を保つ為にはモーター以外の部分は元の板を使った方が良い。つまりは床板は完全にに分割して考え、それぞれ車体に個別に取付とする。この方法だと現状の動力装置を変更せずに使用出来ると考えました。

余談ですが、わが家のプラ車の下回りは殆どを真鍮の床板に交換してます。故に元のプラ製の床板が沢山余ってます。ある意味表現された床下の梁などの造形を無視して、ワザと何も無い真鍮の床板に替えた訳は、真鍮慣れしてて車体が軽いのに馴染めないのと、剛性の向上、走行音の違い等自分の思い込みによるものです。
 

モーターを架装してみたら

 投稿者:裏克弥塾生  投稿日:2017年11月 8日(水)22時02分10秒
返信・引用
   alfaromeo164 様、ありがとうございます。鉄道模型社のEF58の下回りを拝見して、おそらく同時期の外国型(GG1)などもそうだったのかな、と想像しています。模型が実物と決定的に違う部分の一つがこの先台車で、本来は主台枠を文字通り導く役目をするのですが、模型では脱線の原因となる、「お荷物」ですね。というわけで、おそらく、アメリカ型と共通設計であろう、このバックマン製ゴハチも、鉄道模型社製品同様、先台車の先にサブフレームがあり、先台車のセンターピンが左右に大きくスライドする構造となっています。外国製品の常で、これと高いフランジの車輪で、急カーブもスムースに通過して行くのは見事ですが、唯一困るのはデッキ付きの旧型車体です。デッキ横の梯子が干渉してしまうのです。そのため鉄道模型社製品は梯子が大きく開いていてイメージを損ねてしまっています。ひかり模型さんのキットはデッキの幅を広くしてあったように記憶しています。それを解決すべく、天賞堂製品は、思い切って先台車のサブフレームを分割して首を振るようにしたと思われますが、流線型車体を先行発売する段階でこのような設計がなされていたのですから、やはり相当周到な準備をして出された製品だったのですね。その後発売された、EF53でも同様に先台車にかかるフレームをブレーキシリンダーの裏の部分から折れ曲がるようにしてしまいましたが、これはさすがにやり過ぎだろう、と不評を買いましたね(笑)。
 さて私のゴハチですが、いちおうモーターの架装まで進めてみました。モーター周りは1ミリ厚プラ板の「巨大ボルスター」。モーターごと主台枠が下に抜け落ちないように、「受け」を真鍮板とプラ材で作り、床板にねじ止め、これはエアータンクの陰に隠れる、という寸法です。モーターの前方はボルスターと同じく1ミリ厚プラ板で作った床板、これはウエイトを乗せるためです。当初主台枠の上に直接ウエイトを乗せようと思ったのですが、ご覧のようにカーブで首を振ると車体に当たってしまい曲線通過が阻害されてしまうのです。そのため、主台枠には燐青銅板でV字形の荷重受けを取り付けました。
 これで一応恰好がついた、ということで、レールに載せてみました。通常のセンターピンの付随台車と第2-第3軸の間にセンターピンを移動した動力台車。R610のユニトラックではまぁ、許容範囲かな、というところですが、それをS字に繋いでみると・・・通過不可能!私の鉄道ではカワイモデルの36インチ、38インチがメインなので差支えないと云えないことはないのですが、ちょっと引っかかります。
 解決策は二つあります。一つは付随側のセンターピンを床板から独立させ、車体中央側に新たに車体センターピンを設け、それと台車センターピンを繋ぐ方法。こうすれば急カーブに差し掛かると台車センターピンは車体中心から横方向に移動するのでカーブをクリアできます。上から見ると車体が曲線の内側にスライドするように見えるでしょう。アンダーフレームが主台枠に干渉してしまう、EF50の16番の模型に於いて、マイクロキャストさんが採用した方法がこれに類似しています。しかしながら動力台車はあくまでモーターを中心に回転するだけなので、前と後ろで車体の動きが違う、という違和感はあるかも知れません。
 もう一つの方法は、モーターをオーソドックスな第2軸を駆動する方法にすること。もともとそうしなかったのは、大きさの違う二つの連動ギヤを両側に、中央にウォームホイールを入れるのが、使用予定のウォームホイールの幅からして難しいと判断したためです。無理に入れたとしても、モーター軸が中央に来るかどうか、と。次善の策として、隣のスパーギヤをはと目固定ではなく、軸に固定してその中央にウォームホイールを固定することも検討しましたが、すでにギヤをカシメた後でしたので面倒になって第3軸にしてしまった経緯があります。インサイドフレームを組む際に第2軸のスパーギアを正しい1位置に固定したところ、あーれまぁ、なんとかウオームホイールが収まりそうではありませんか!さぁ、もう一回バラして作り直すか?このまま走らせて調子が良ければよし、とするか、時間と気力に相談せねばなりませんね(笑)。
 

裏克弥塾生様。

 投稿者:alfaromeo164  投稿日:2017年11月 6日(月)21時54分13秒
返信・引用
  鉄道模型社の下回りです。先台車のフレームは固定ですが先台車は横長の梁で左右には動きます。ご検討中かと思われますが、何かのヒントが有るかも?。  

レンタル掲示板
/157