teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


私も、柵を越えたいです。

 投稿者:龍人メール  投稿日:2005年 3月 5日(土)22時40分19秒
  もうなくなってしまうのだから、一番良いポジションで撮りたいのは、誰も同じでしょうね。
しかし、そこは可能な範囲での撮影となりますね。
踏み台などを持っていけばもう少し良い写真が撮れそうにも思いますが・・・
それと、水道塔に隣接するベストポジションの家の2階から撮影できたら、最高だろうなぁって指をくわえておりました。
熱意があるのなら、直接そんな家に頼み込むというのもありかと思いますが、そこまで度胸がない小心者です。

それと、カメラがどのような物でも、私の個人的な気持ちでは差別しませんが、もし作品として残そうと考えているのであれば、フィルムか1眼デジカメあたりで撮って欲しいですね。
記念に撮るのであれば、どんなカメラでもOKと思います。

http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Kouen/7291/

 
 

ご指摘ありがとうございます。

 投稿者:K.T.メール  投稿日:2005年 3月 5日(土)00時43分37秒
  ヤマさん、はじめまして。
カメラつきケータイ云々につきましては、三脚を立てて大判カメラで撮影されている龍人さんに敬意を表したく思い、対比的に例示したものです。もちろん撮影機材の選択は撮影者の自由意思にまかされてしかるべきだと考えておりますし、小生がカメラつきケータイで撮影している人に対していちいちどなりつけているわけでもありません。ただあの機械につきましては、飛行場でヨン様を追いかけているようなオバハンたちの使う道具のように思えて、あまりいい印象は持っておりません。アナログカメラを捨てることのできない旧弊な老人の繰り言、お許し願えませんでしょうか。また、柵を乗り越え撮影する者がいる、というご指摘ですが、その行為によって近隣の住民に迷惑をかけている、ということでしたら、撮影機材がどのようなものであれ、憂慮すべきことだと考えます。
 

はじめまして

 投稿者:ヤマ  投稿日:2005年 3月 4日(金)20時32分56秒
  KTさんはじめて投稿します。はじめて投稿する者が偉そうに言う身分ではありませんが、下のKTさんの発言内容はいささか問題があると感じます。どのようなカメラであろうと撮影するのは個人の自由です。それよりも撮影するマナーが問題ではないでしょうか?小生は給水タンクの近くに住んでおりますが、一眼レフをもった輩が冊を乗り越え撮影する姿を何度も見ております。それこそ無礼者ではないでしょうか?不愉快な思いをされたでしょうがネット上のある程度のモラルが必要だと思い、発言させていただきます。  

今日小判で・・・

 投稿者:K.T.メール  投稿日:2005年 3月 3日(木)13時23分55秒
  4×5ですか。そういう立派なカメラでとってもらって、水道タンクも水道タンク冥利に尽きるといってよろこんでいることでしょう。ありがとうございました。たまにカメラつきケータイのレンズを水道タンクに向けているヤツがいるのを見ると無性に腹が立って、無礼者! と一喝したくなる衝動をおさえるのに苦労するアタシです。やはり大判でなければいけません。といいつつ、ブロニー版以上のフィルムを使うカメラを持っていない小生は、35mmのフィルムを詰めて、これから大谷口に行こうかなあ、なんて考えています。  

昨日大判で・・・

 投稿者:龍人メール  投稿日:2005年 3月 2日(水)22時14分24秒
  大谷口の水道塔を7枚撮影してきました。
あともう1回くらいは撮影したいですね。
さすがに4×5のカメラ機材を持ち歩きながら撮影していると、メチャメチャ目立ってしまいますね。
なんとか柵の中に入れないかと思いますが、さすがに無理です。
1度でいいんだけどなぁ・・・

http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Kouen/7291/

 

多謝!

 投稿者:K.T.メール  投稿日:2005年 3月 2日(水)22時05分49秒
  ご連絡ありがとうございます。
残念ながら、小生その日は所用があり、説明会に出席することができません。

いたばしナントカの記事に対する受け止め方は、tacho さんと小生とではだいぶ異なっているようですね。小生は、検索サイトかなんかで集めた情報(その内容の信憑性についてはここでは触れるつもりはありません)をちょこちょことまとめて「~だそうです」「~だそうです」を繰り返す文章は読み気がしないのです。いいかげんうんざりしています。自転車でやってきてデジカメで写真をとっていく好奇心旺盛な一過性のブロガーと同じレベルではないですか。有害だとまでは申しませんが、無益なものだと思っています。また、多くの人が水道タンクの解体問題に関心を持つことについては、何の意義もないと思っています。 
 

なるほど…

 投稿者:tacho  投稿日:2005年 3月 2日(水)16時26分22秒
  自分の提起した問題云々に関しては、書き込んだ本人が全く気づいてませんでした(汗)。
水道タンクが記事になると聞いたとき、行政の流れを汲んだものになるだろうとは予想してました。
それでも、そんなことが起きている…ということを知れるキッカケが増えればいいかな?と気軽に考えてます。あとは読者側の感想に任せれば良いと。

そうでした!シビレをきらして水道局に電話したら、次回説明会の時期が分かったのでした。
日時:3/7(月)19:00~
場所:大谷口出張所2階
…というか、こちらから聞かなかったら完全にスルーしてましたよ!
 

Re: 巨大なおまる!

 投稿者:K.T.メール  投稿日:2005年 3月 2日(水)16時04分15秒
  tacho さん、おいでやす。
2月20日付の小生の書き込みでは、いたばしナントカの記事に大いにムカついていたので、あんな書き方をしてしまいましたが、tacho さんの書き込みが余計な報告だとは考えておりません。これまで大谷口給水所(仮称)の完成予想図を見る機会に恵まれなかった人も、あれで見ることができたのですから。しかし、ああいうモノがほんとうにできてしまったら、大魔神さんやトイレのしつけのできているゴジラさんが間違えて使用するかもしれませんね。
例の記事に対する不満は、いろいろあります。tacho さんがらみでいうと、tacho さんがあっちの掲示板(?)で提起なさった“取り壊されるに至までの、行政からの情報公開が広くなされていない”という問題にまったく触れていないというのは、誠実な態度だとは思えません。もっとも、アタシの見たところではあのサイトは行政べったりでお上には逆らえない体質のようですから、それはまあやむをえないのかもしれません。それにしても、地元町内会長氏の“本当の地元に親しまれる、開かれた施設になるよう都や区との折衝を続けていく”という発言をタレ流しているのにはあきれかえりました。“開かれた施設”という言葉自体は単なるお題目だとは思いますが、それを額面通り受け取ると、不特定多数の人が出入りすることができる給水所にしてくれ、という要望だと理解していいと考えます。その要望が通った結果、テロリストが配水池の水に青酸カリかなんかを入れて多数の死者が出るような事態になったら、だれがどのような形で責任を取るのでしょうか。給水所という施設が高い安全性を求められているということもおわかりではないようですな。まあ東京都水道局がそんなバカな要望を聞き入れるとは思いませんが。都民の安全を考えたなら、大谷口給水所(仮称)は千人規模のJ隊で厳重に警護し、その周辺の治安維持は数百人規模の英豪連合軍にお願いするなどして、水ももらさぬ態勢で臨んでいただきたいものです。
ところで、例の記事が、web 上の“通説”だらけ、ということはここで改めて指摘するまでもないと思いますが、ちょっと気になるのは、水道タンクの北側の公園に板橋区・板橋区観光協会が立てていた、水道タンクの説明を記したボードの荒玉水道の地図の写真が出ていることです。あれはずいぶん前に撤去されてしまったものだと思っていましたが、最近復活したのでしょうか。他の写真にくらべると、あの写真だけ画質が荒いというのも、なんだかヘンですな。
 

巨大なおまる!

 投稿者:tacho  投稿日:2005年 3月 2日(水)09時27分36秒
  前回は余計な報告してしまってすみませんでした…。

巨大なおまるっていいネーミングですね。
しかしアレは想像を超えてましたよある意味。
 

まいどおおきに

 投稿者:K.T.メール  投稿日:2005年 2月25日(金)21時52分36秒
  Re: 昔のはなし
>北側の短い並木道に面してその立派な門がデーンとあったのではなかったかな...
なるほど、あの短い並木道はバス通りから公園の入口までの短い距離しかないわりには、幅も必要以上に広く、なんかヘンな感じがして気になっておりまして、以前癸卯雑識の 大谷口 0003 のところに臆測を書いたりしたのですが、あの道が水道タンクのかつての“正門”に通ずる道だった、としたら、あの道のムダな立派さも納得できるように思います。大山駅方面からの参道(?)という位置づけだったのかもしれませんね。

Re: 新しい水道塔のデザイン
例のいたばしナントカの記事をご覧になったのですね。
ホントにあんなものが建つのかと思うと、あきれかえってしまいます。
21世紀の珍建築として、大いに注目を集めることでしょう。
巨大な“おまる”なんていう説もあるそうですよ。
 

新しい水道塔のデザイン

 投稿者:龍人メール  投稿日:2005年 2月25日(金)20時48分18秒
  見ました。
なるほど、こんな形になるのですね。
不格好というか、全くの別物ですね。
なのにそっくりな部分もあって、これでは巨大ロボットが合体し損なったような建造物ですね。
いっそのこともっと斬新なデザインにすれば良かったと思います。
あるいは、上のドームの部分だけは実物をそのまま乗せるとか・・・
もうまもなく取り壊しが始まるでしょうから、もう1度大谷口の水道塔を撮影したいですね。

http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Kouen/7291/

 

昔のはなし

 投稿者:大谷口町民  投稿日:2005年 2月25日(金)07時55分1秒
  私も公舎や管理人は記憶が無いです。
1970年ごろは、壊された水道局住宅部分が今よりずっと広いけど鉄棒やぶらんこぐらいの
わずかな遊具しかない大谷口公園で、その南側に水道局の倉庫らしきものがありました。
すると現在の公園部分には何があったのかと思うのですが、ここらへんに公舎があって
北側の短い並木道に面してその立派な門がデーンとあったのではなかったかな...
なーんて考えてしまいます。
 

多謝!

 投稿者:K.T.メール  投稿日:2005年 2月25日(金)01時24分17秒
  大谷口町民さん、情報ありがとうございました。
まだ頭部もハゲていない、ばりばりの現役の水道タンクの写真、拝見いたしました。
まわりに高い建物がほとんどなくて、いろんなところから見ることができたのでしょうね。
しみじみと見入ってしまいました。
水道タンクの東側に立派な門と管理人の公舎があった、という大野氏の証言もたいへん貴重です。
小生が1976年に撮影した この写真 に写っている門の門柱は、ひょっとしたらそのなごりなのではないだろうか、なんて考えてしまいました。
 

ミニコミ誌

 投稿者:大谷口町民  投稿日:2005年 2月24日(木)22時07分10秒
  ふれあいmokという地元のミニコミ誌の表紙にも水道タンクが載ってました。
http://upload.fam.cx/cgi-bin/img-box/a2t50224215905.jpg
 

おいでやす

 投稿者:K.T.メール  投稿日:2005年 2月20日(日)17時35分1秒
  tacho さん、おひさしぶりです。
当該記事につきましては、取材の依頼をことわったといういきさつ(2月の業務日報 参照)もあり、また記事の内容にもいろいろと問題がある(最近の 癸卯雑識 参照)ことから、ここでは紹介しないつもりでした。
大谷口給水塔の美しい写真がいっぱいのサイトの掲示板で、ヨソサマのサイトの記事を酷評するのもナンですから。
という事情で、知ってはいましたが紹介する気にもなれず、ほっといたという次第です。
 

こんにちは

 投稿者:mid 改め tacho  投稿日:2005年 2月20日(日)13時23分49秒
  オヒサシブリデス。
トップの夕日を浴びてる水道タンクの写真美しいぃ。

2月もあと1週間ほどですが説明会のお知らせが耳に入らない今日この頃です…。
さて、1週間弱ほど前に、いたばしらいふ.comという地域型サイトにて水道タンクの記事が載りました。K.T.さんには既知な情報が多いかもしれませんが、ご覧くださいませ…。

http://www.itabashi-life.com/

 

どーも どーも

 投稿者:K.T.メール  投稿日:2005年 2月12日(土)02時59分12秒
  龍人さん、いらっしゃいませおいでやす。
10月末からずっとあんな感じで、なかなか本体の解体工事が始まりませんが、昨年末には解体工事の業者も決まったようですので、もうそろそろなのでしょう。2月9日に大谷口1丁目の掲示板を見に行った際には、水道タンク関連の掲示は見当たりませんでしたが。
 

こんにちは!

 投稿者:龍人メール  投稿日:2005年 2月11日(金)20時30分9秒
  2月6日に大谷口へ行って参りました。
完全に水道塔以外は更地になっていますね。
水道塔自信が解体されるのも時間の問題って感じです。
この時の写真や、1月20日に太陽と水道塔を一緒に写した写真をyahooのブログにアップしました。
お暇な時に見に来てやってください。

http://blogs.yahoo.co.jp/ryuzin_00/MYBLOG/yblog.html?fid=4145&m=lc

http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Kouen/7291/

 

鶴見物件

 投稿者:K.T.メール  投稿日:2005年 1月29日(土)00時30分31秒
  今度のトップページのハマの元祖ランドマークタワー鶴見物件は、鶴見区のサイト(下の URL 参照)によれば、1937年モノだそうです。同時期の千葉や松戸物件にくらべると装飾も少なく、実用一点張りといった印象でした。外付けの階段を外せばミサイルに転用できる、ということもないようです。

http://www.city.yokohama.jp/me/tsurumi/82/82a/html/s1.html#1

 

ぶぶぶぶ、ブサイク!

 投稿者:K.T.メール  投稿日:2005年 1月14日(金)22時02分7秒
  大谷口給水所のポンプ棟の完成予想図がブサイクかどうかは、主観の問題ですからなんともいえませんが、自分の感覚だとブサイクで醜悪なものです。今の水道タンクの意匠を継承しようとして大失敗してしまった、という印象です。まったく別のデザインにしたらいいのに、と思っております。  

町会長邸とは

 投稿者:K.T.メール  投稿日:2005年 1月14日(金)22時01分7秒
  写真の邸宅は、町会長邸でしたか。たしか表札には“O野”とあったように記憶しております。“O野”といえば大谷口では土着の地主階級の姓とうかがっておりまするが、なるほどごりっぱなお屋敷ですね。おそれ多いので写真は早々に引っ込めようと思います。  

ぶ、ブサイク…。

 投稿者:mid  投稿日:2005年 1月14日(金)02時41分55秒
  そうですよね…。少しでも期待していた私が馬鹿だった…。
「行政に期待」…冷静に考えると、これほど後で馬鹿を見そうな言葉もないですね…。
結局、水道タンクが壊されることになったとしても、あの場所をグラウンドゼロにしてから新しいものを造る…という発想だけは実現させたくないです…。
 

Re:説明会の件

 投稿者:大谷口町民  投稿日:2005年 1月13日(木)22時19分22秒
  説明会はそうでしたっけ。忘れておりました。
とにかく完全に解体されるまではまだ時間がかかりそうですね。
今のうちに少しでも多くのタンクのある風景をカメラだけでなく、直接、目に焼き付けて
おこうと思っております。
自分にとってタンクとは、ヨーロッパの古い町でいちばん高くそびえている教会のようなものです。
P.S.新しい表紙の写真もなかなかユーモラスですね。
ちなみに大きい瓦屋根はここらへんの地主でもある町会長のお宅ですな。
 

説明会の件

 投稿者:K.T.メール  投稿日:2005年 1月13日(木)16時30分52秒
  大谷口町民さん、mid さん、いろいろとありがとうございます。
説明会の件は、水道タンク本体の解体工事の業者が決まってから改めて説明会を実施する、といったような話が昨年7月の説明会の席上で東京都水道局側から出されたように記憶しています。
大谷口給水所の完成予想図については、東京都が“広く公開された”というのなら、こちらで勝手にスキャンしてweb上に出してもかまわないだろうとは思っていますが、あんなブサイクなものを出すのはオレの美意識が許さない、というキモチもあって、現在考慮中です。
 

Re:ありがとうございます!

 投稿者:大谷口町民  投稿日:2005年 1月11日(火)21時37分31秒
  こんにちは。
昨年の説明会では住宅取り壊しに続いてすぐタンクの取り壊しだったような
気がします。
カッターで切るとか言っていましたが、無理なので工法変更で、周辺住民に
大迷惑をかけるようなことになるので、また説明会ってところなのでしょうか?
興味深いところです。



 

ありがとうございます!

 投稿者:mid  投稿日:2005年 1月11日(火)18時20分22秒
  お返事ありがとうございます。新たな給水所のことについて、認識不足でした…。
配水池2つ+ポンプ塔、なのですね。ポンプ塔が鉄骨…。機能からすれば、そうなるのでしょうが。あの量感あるコンクリート塊は、やはり永遠に消えてしまうわけですね…。

ところで、こちらに書き込みをさせていただいた後、水道局のほうにメールしてみました。私が聞いた内容としては、次回の説明会はいつか、いつから工事が始まるのか、デザインの公表は行われるのか?(昨年7月の説明会で配布されたパンフに載っていた…と、K.T.さんの業務日報で知ってはいたものの…)という3件です。
そして本日、返信が返ってきました。全文載せてよいものか、自分では判断しかねるので、要約を載せておきます。
Q・次回の説明会はいつか
A・2~3月頃
Q・いつから工事が始まるのか
A・次回の説明会にて詳細を説明
Q・デザインの公表は
A・7月の説明会で説明され、また水道産業新聞や日本水道新聞でも広く公開された
(水道局側の回答は、もっと丁寧な文体でした。念のため。)

もう一度、説明会があるということは、とりあえずホッとしました。ですが、デザインの公開については…業界紙に載せて「広く」と言われても。誰のためのデザインの継承なのか…一番大切な部分がすっぽ抜けてる気がしてならないという気がしてなりません。
すみません、また長々と(泣)。ただ、ちょうど返信が来たため、勝手ながらご報告させて頂きました…。なにか問題がありましたら、この書き込みは削除をお願いします…。
 

おいでやす

 投稿者:K.T.メール  投稿日:2005年 1月 9日(日)22時35分50秒
  mid さん、はじめまして。大谷口の水道タンク解体の件については、東京都が広報活動に力を入れている様子はうかがえません。板橋区民でも解体のことを知っている人はかなり少ないのではないかと思っています。また昨年8月29日の朝日新聞(都内版)の報道により、給水塔が建て替えられるのだ、という誤った理解が広まっているというのも遺憾であります。なお、昨年7月15日に実施された“大谷口給水所(仮称)整備工事説明会”については、当サイト内の、2004年7月の業務日報 に簡単な報告がありますので、ご一読いただければ幸いです。  

はじめまして!

 投稿者:mid  投稿日:2005年 1月 9日(日)05時26分24秒
  はじめまして。水道タンク取り壊しの件を調べてたらここに辿り着きました。
水道タンクから離れたところに住んでいますが、小さい頃の記憶の一部として、しっかりと刻まれています。

…というか、年明け3日目に久々に水道タンクを見に行きましたが、周りに置いてあった水道管どころか、
公園までキレイに消え去っていて、改めて水道タンクは取り壊されてしまうのか…と残念な気持ちでいっぱい
になりました。すぐそばの交番で取り壊しの件を聞いたところ、今のところまだそういった情報は降りて来てないとのこと。

実は小生は建築を学んでたりするため、あれは保存できないものかと考えたりしてました。本来の機能を失っても、大量の水を貯水していた巨大な空間が中にはあるのです。きっと、中に入れば感動に震えるような、そんな
すさまじい空間である気がします。海外では使用しなくなった巨大な水力発電所を美術館として再利用したりしています。
もちろん、今回取り壊すのは、新たな給水塔を建てること、道路幅の拡張など、複数の話が重なってのことでしょうが…。それでも、取り壊しの話は極めて安易かな、と。
説明会もすでに開かれてしまったらしくて、自分がこのことに気づくのが遅すぎて、悔やまれます。

すみません。興奮して書きまくってしまいました。初めての書き込みで長々となってしまいましたが、今後は
もう少し遠慮しますので、またこちらにお邪魔するときはよろしくお願いします…。
 

賀正

 投稿者:K.T.メール  投稿日:2005年 1月 3日(月)03時10分2秒
  龍人さん、あけましておめでとうございます。
水道タンクの解体工事はなかなかはじまらないようですね。
へたにさわるとたたりがありそうな物件ですので、業者がびびっているのかもしれません。
何年か前に茨城県のほうで巨大煙突が突然自壊したそうですが、水道タンクも東京都に壊される前にみずから崩壊する道を選ぶということにならないかとひそかに期待したりしております。
 

明けまして、おめでとうございます。

 投稿者:龍人メール  投稿日:2005年 1月 2日(日)07時02分1秒
  去年は、未曾有の災害が続き大変でしたね。
今年は「和」の文字が浮かぶ水道塔が取り壊されるようで、更に災害を呼びそうです。
お正月からこのような書き込みをしてしまい申し訳ありません。

昨日の早朝に水道塔を眺めたら、ほんのわずかですが雪が積もっていました。
よく見ると和の文字はその雪に邪魔されることなく見えていました。
なんかホッとした一時でしたね。

http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Kouen/7291/

 

レンタル掲示板
/12