teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 偽物ブランド(0)
  2. ブランド偽物_ブランドスーパーコピー激安市場(0)
  3. 偽物エルメスバッグコピー(0)
  4. 国際ブランドコピー_ブランド偽物(0)
  5. 激安市場<<44bag偽物店>>(0)
  6. 激安市場<<44bag偽物店>>(0)
  7. 偽物時計bag26.com(0)
  8. ■ブランド偽物ブランド激安市場bag53(0)
スレッド一覧(全8)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


形になりました!

 投稿者:裏克弥塾生  投稿日:2018年 7月18日(水)23時11分27秒
返信・引用 編集済
   ろーかる亭こきは様、alfaromeo164様、いろいろご教示いただきありがとうございます。私のデハ5000もほぼ示された図のような形でボルスターが構成されています。けっこう手間がかかりましたが、久しぶりに頭の体操になりました(笑)。
 さて皆目わからない床下器具についてですが、どうせ適当ならば、市販のパーツに頼らず自作してしまえ、と、スハ32系に続き、エアータンクや器具箱を木を削ったりして作り適当に並べました。今後、手ごろな価格とディテールのパーツが払底していくことを踏まえての自作の試みでもあります。手間と時間はかかりますがなんとかなりそう、という手ごたえをつかむことが出来たのは幸いでした。
 まだ完全ではありませんが、床下をグレーに塗装して取り敢えず組んでみました。S状カーブの上に置いて連結面が軌道の中心にある、というのは素晴らしいですね。今更ながらそう思いました。

 
 

連接車のボルスター。

 投稿者:alfaromeo164  投稿日:2018年 7月18日(水)17時51分16秒
返信・引用 編集済
  裏克弥塾生様、連接車の連接部分のボルスターてすが、我が家ではこんな感じにしてます。ボルスターの加工より車体を削ってますが、基本的にはこのスタイルにしてます。前後のボルスターの先端にRを付け車体がスムーズに曲がればOKです。  

床下機器を作ること

 投稿者:ろーかる亭小きは  投稿日:2018年 7月17日(火)22時54分14秒
返信・引用
  挽き物のパーツ、確かに入手し難くなりましたね。ジャンクパーツを扱っている模型店もありますが(例えば、赤羽方面)、在庫があるかないか分からないものを探しに出掛けるよりも(それもひとつの楽しみですが)、丸棒を素材としたこの工作、この根気、誇っていいと思う…。遠藤みれい(たまにライフに出演しているようです、今はないあの模型店の社長の娘さんだよ)曰く「言葉じゃない、ロックなんだ…」  

車高を下げたり・・・

 投稿者:裏克弥塾生  投稿日:2018年 7月16日(月)21時32分39秒
返信・引用 編集済
   お世話になっている、「ろーかる亭こきは」様より、デハ5000の様子をいろいろ伺い、車高が低くなっていた、とのことでしたのでそれを再現しよう、と、ボルスターを削り込んだりしました。難関は連接部のボルスターで、妻板を削らずに避けるようにクランク状に曲げてさらに台車枕梁の回転を避けるように削るなど泥縄状態になってしまいました(笑)。
 とにもかくにも当初よりも1mmほど車高を下げることに成功しました。
 

床下器具などの自作

 投稿者:裏克弥塾生  投稿日:2018年 7月15日(日)21時08分43秒
返信・引用
   エアータンクは嘗てはプラパイプを用いたこともありましたが、手軽に1ミリ単位で太さの違う丸棒を手に入れることができるのは、と考えたときにやはり木製丸材は外せません。但し、東急ハンズ池袋店で入手できたのは竹の丸棒で、これはやや面が凸凹しているのが欠点です。アート紙を上から貼って径を調整することを前提としているので手間はある程度軽減される。と思っていたのですが、なかなかそうはいきませんでした。サフェ吹きとペーパーによる研磨の繰り返しです。多めに作ってストックしておきます。なおVブロックに載せて中央部に1.5mmの穴を開け同径の棒(ネジではない)に接着剤を付けて固定してしまいます。軽いので床板に穴を開けて固定すればOKです。なお、エアータンクの帯は真鍮製の帯板を使ってみましたが、なかなか接着剤が利かず、紙にしてみましたが、くっつかないことは同様で、結局粘着力の強い「ボンドG17」を使用しこれが一番成績が良かったです。もちろんはみ出しに注意。
 エアータンクは5mm径の丸棒(ハンズでは竹しかなかったのですが)にアート紙を巻いたりしましたが、5mm径といえば・・・ホットモットの弁当につく箸がこれくらいなのでは、と思い計ってみるとやはり5mm径。材料の問題は解決!(笑)、悪戯ですが、ナイフやヤスリで切り込みを入れながら碍子みたいなものが出来ないか、と思ってやってみたところ、結構イケることが分かりました。ただこれは材料の肌理(きめ)によると思います。
 カワイモデルの旧型電車用制御器も作ってみました。制御器は断流器が一体になっているようですが、私鉄など様々なタイプがあるようなので、せっかく作るのであれば実物についての勉強が必要です。
 貫通幌も作ることになるとは思ってもみなかったパーツです。けれどもちょっと前の世代の方々は当たり前に自作されていたようで、そのことは「模・ラ」や「模・工」の旧号を購入して知りました。
 それらの記事に記されていた寸法で作ってみて、その後、エコーモデルの製品の寸法を計ってみたところ、エコーさんの方が幅がやや広く、今度はその寸法で作ってみました。材料は1mm厚のプラ板。幌枠は0.2mm厚の透明プラ板。表面に筋を彫ってみるとそこそこいい感じになるのでは、と思いました。しかし手間がかかる・・・。安価なパーツの有難さを痛感した次第です。
 因みにTMS7月号の製品紹介欄で45分の1の旧型客車床下機器セット(3Dプリンター製)18500円となっていて、びっくりしました
 
 

ディテール工作

 投稿者:裏克弥塾生  投稿日:2018年 7月 3日(火)22時03分19秒
返信・引用
   引き続きディテール工作。Mc1の前面にジャンパ栓(開)を2個、運転室ドア手摺り、パンタグラフを取り付けました。手摺りは取り付け後に筆塗り、ジャンパ栓は1mm径の穴を開けた板に仮止めして筆塗り塗装し、取り付けました。ここでドアのHゴム、これは以前「ガンダムマーカー」で塗装したところ失敗した上に色も今回作った前面窓のHゴムの色と違うので、調色したパクトラを薄く溶いて筆塗りしました。このほうが余程うまく塗ることができることが分かったので、最初からこのように塗装しておけばすっきりと仕上げることができたのに、と、悔いが残りました。
 また先日、関教授に車体のマウントが低くなっている、との情報を頂きました、「模工」の記事でも、床板の取り付け位置を0.5mm低く、車体裾、3.5mmに設定されていたのですが、ここで改めて床板の両端3mm幅を0.5mm削って計1mm低くなるようにしてみました。問題は中間台車のボルスター(台車枕梁)が首を振ると車体に当たってしまいそうなことです。
 

前面窓

 投稿者:裏克弥塾生  投稿日:2018年 7月 2日(月)22時08分46秒
返信・引用
   この2週間ほど仕事の関係で日車「板橋」工場を休業していて、本日、久しぶりに作業を再開し、前面窓枠の作業をしました。予想通り、といいますか、久しぶりに工作台に向かったためもあり、なかなか感覚が戻らず、苦戦しました。クッキーが入っていたPETかポリカーボネート樹脂の板をガラスとし、0.2mm厚紙を切り抜いた厚紙をHゴムの窓枠とし、0.3mm洋白線をピラーとしました。実物を観察することができないので、この前面ガラスは曲面ガラスなのか、東海型のように平面ガラスと曲面ガラスの組み合わせなのか、平面ガラス3枚構成なのか・・・模型ではボディーの曲面に合わせて貼ってしまってOKだと思ったのですが、実際はピラーの位置にVカッターで筋彫りをして曲げたところ、なんとなく折り目がついてしまったのでなんとなく平面ガラスに見えなくもありません。
 窓枠(Hゴム)は現物合わせなので天地、幅ともに寸法に過不足がどうしても出てしまい、何回もチャレンジすることになってしまいました。失敗が続いてだんだん雑になってきてしまったので適当なところで妥協しました。そしてワイパー・・・マッハさんのエッチング製、何種類ものワイパーが70個も一枚にモールドされている最高にコスパの高い製品を使いました。中でも大きいものを使いましたが、その存在感でHゴムと窓枠の間に隙間が生じた「アラ」を隠そうというセコい思惑が・・・(笑)。
 

地震お見舞い。

 投稿者:alfaromeo164  投稿日:2018年 6月25日(月)14時37分52秒
返信・引用
  マユ35様、この前の地震の続いてまたまたの地震発生。まずはマユ35様には御無事との御一報で安心致しました。
このところは、噴火や地震等あちこちで自然災害か発生しており、明日は我が身の可能性もあるのは困りますね。
関西の場合は以前の地震のあとに、新耐震法の基準に合わせるべく建物を見直した事が、大きな被害に至らなかったのではと推測しております。備えあれば憂い無しです。
 

お見舞い申し上げます

 投稿者:裏克弥塾生  投稿日:2018年 6月22日(金)21時46分17秒
返信・引用
   マユ35様、今回の地震で被害を受けられた皆様、謹んでお見舞い申し上げます。強い揺れが伝えられる中、建物などの倒壊は少なかったようですが、小学校の塀が倒れて児童の方がお亡くなりになったとのこと、痛恨の極み、ご冥福をお祈りいたします。思えば40年前の宮城県沖地震の際にブロック塀の倒壊で多くの方がお亡くなりになり、規制や対策が急がれた記憶がありますが、まさか学校の塀でこのような工事が行われていたとは・・・災害は防ぎきれるものではないのかも知れませんが、おそらくは「覗き見」対策のために嵩上げされたのであろう塀のために・・・やりきれない思いが致します。  

お疲れ様です

 投稿者:kimi2  投稿日:2018年 6月21日(木)22時44分36秒
返信・引用
  マユ35様、ご無事で安心しました。
模型の方も被害がなかったようで良かったですね。
ライフラインのガスが復旧していない場所もあるようですね。
早急に通常の生活ができることを祈っております。

2011年の東北地震の時は、我が家のレイアウトルームの展示ケース内の車両が2両ほど落下して少し傷が入りましたが、あれから7年経ち、大地震が発生する準備が整ってきたともいわれています。

近県の長野や群馬などでも大きな地震が起きていますので、こちらも今まで以上に準備や対策をしておくべきだと思っています。


 

レンタル掲示板
/175